攻略wikiのあれこれ

アーカイブス版のFF6をプレイ中。
とは言ってもだいぶ前にPSのほうはクリア済みなので、自由気ままに攻略を見て遊んでいこうという感じ。
そこで調べてみると攻略Wikiのようなものに当たる。
しかしトップにはなんと広告と、あるメッセージ。
「このWikiは最終編集から60日経過しており~」
字面はあいまいだけど確かそんなような文言が書いてあった。
個人のブログならまだしも大量の人が集まるであろう大作のWikiでこんなことがあるのか。
と、しみじみ思ったのでそれについて考えてみた。

一般的にいう家庭用ゲーム機は内容に限界がある。
オンラインゲームやらスマホゲーと違い定期的な更新がないことがほとんどなので情報が出尽くすということもあるだろう。
逆に言うとそれだけ完成した作品といえるが、ことウェブ、しかも攻略についてかかれたwikiで考えるとすべての情報を書き尽くすということが可能なわけだ。
一通りの情報が出尽くして、各プレイヤーの雑感、項目も一定の支持を得られる程度に充実してきたところで攻略wikiとしては完成する。
その後はどうなるのか。
まずは情報提供者当たりが姿を消すのだろうか、彼らはwikiに情報提供をするだけあっていち早くゲームを手にしてプレイして攻略も進んでいるだろう。
どこまで行ったらwikiが完成するのかというのは個人のさじ加減で決まるので一斉にいなくなるということはないと思うが、飽きたり満足したりしたプレイヤーもぽつぽつと抜けていく。
このあたりから更新は鈍るものの、攻略を見に来るだけの一般プレイヤーである程度にぎわう。
とは言ってもこの賑わいはたまに設置してあるカウンターとかでのみ計れるもので、時折そこで新しい発見があったり編集があって揉めたりする。
それも過ぎてゲームとしての旬が過ぎると閲覧する人も減っていき、同時に今まで情報まとめなどしていた編集人も他のゲームへと移っていく。
そうして完成されたwikiが、たまに人が来る程度の閑古鳥の状態でネット上に存在しているわけだ。
そう考えるとちょっと切なくなってくる。
かつて何百何千という人が集まり、意見を交わしたかもしれないサイトにこうして無編集の広告が載っているのは、さながらテープで隔離された廃墟を外から眺めている気分になる。

人がいなくなったwikiはどうなるんだろうか。
最近某ネット会社の撤退でいくつかの資料的な価値のあるかもしれないサイトが閉鎖されたことがあるという話を聞いた。
周りから見て恒久的に価値のあるサイトならバックアップも取られるのだろうが、今となっては旬の過ぎていて、レトロゲームでもない。かつあまり知名度のないゲームのwikiをいくつか利用したことがある。
あれらサイトはまだ生き残っているのだろうか。
生き残っているのだとしたらいつまでそのままでいてくれるのだろうか。
名前も思い出せない程度の付き合いでしかないのだがちょっと気になってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA