[終了済み]ニンテンドーEショップで五周年記念セールがあるらしい

先週までやってたFF6の流れでFF・ドラクエの用語wikiを読み漁るのがマイブーム。
最初は裏技とかバグとか調べるのにたどり着いたところだったけどそこから各項目のリンクを適当に踏み歩くモードに突入。
ただただ世界観やら町の名前、イベントとかの情報を流し読みしているだけなのに時間が飛ぶ飛ぶ。
移動中でも比較的簡単に出来ると思うのでお勧め。
以下本題。

任天堂のDLソフトを販売しているeSHOPで五周年記念セールが開かれるっぽい。

ニンテンドーイーショップ五周年記念SALE!(任天堂HP)

現在終了。

キャンペーンのページは上記。
ちなみに任天堂HPのリンクの利用規約はこちら。
これについて軽く紹介とか持っている何本かソフトの軽い感想とか書いてみる。
一応以下取り上げるタイトル一覧

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

ファンタジーライフ LINK!

おまけ

期間は2016年6月7日~6月13日。
簡単に計算してみた感じだとパッケージありのソフトは30~35%オフくらいと思われる。
ニンテンドーアカウントに登録してるとさらに10%オフされるらしいけど、割引後かららしいので実質37~41%前後ぐらい?
ラインナップは開催前のページに書いてある文で100タイトル弱あって、and moreって書いてあるのでまた増える可能性があり。
半分くらいはバーチャルコンソールなので有名どころが多い。
というわけでそれ以外からいくつか感想をば。
なお、だいぶ前にやった時に体感なので若干記憶があいまいな点があります。ご了承ください。

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス(任天堂HP)

ペルソナ3、4のキャラクターを集めたDRPG。
ぶっちゃけペルソナシリーズは3のポータブル版をさわりだけやっていた程度だったので出てくる大半の人は始めましての状態でなぜか購入。
とはいえ本編はオリジナルキャラクターについてのシナリオを中心に進むので特に問題なし。
どれくらいデフォルメされているかわからないという欠点はあるものの各キャラクターも個性的で原作ネタも控えめと思われる。
ところどころで3と4のキャラクターが初対面というところを生かしてお互いの解説が入るので、特にやっててわかりにくいというところはなかったと思う。
戦闘面は王道のDRPGにペルソナの付け替えで割りと技の自由が利くゆるい感じ。
一部の制限が厳しいやつと違って装備とレベル上げをしっかりしていればメンバーは気にしなくても何とかなる印象。
個人的には3ポータブルの女主人公が不在のところが若干残念だったり。

ファンタジーライフ LINK!(任天堂HP)

確か元オンラインゲームとかになるはずだったタイトルでお蔵入りしていたものを3DSにしたもの、だったかと。
その内容もそれっぽく、広大なフィールドを走り回って木を倒して木材を回収したり、敵を倒して素材を拾ったり、それらを組みわせて武器を作ってみたりとMMORPGっぽいアクションゲーム。
マルチプレイ対応なものの基本一人で進めるタイプのオフラインRPGなので、鉱石の採掘中にBOTに横殴りされまくったりしない。ここ重要。
装備品で見た目が変わったり、町の人からお使い依頼を多くされたりとかもオンラインゲームっぽい。
職も割りと細分化されていて戦闘職も剣、大剣、弓、魔法とかを使うものもあるので、収集要素をガン無視して店売り品だけで単純なアクションゲームとして楽しむこともできるっちゃできる。
ただ個人的には、フィールドがオープンマップに近いものの物語の進行によって封鎖されている道が多いので見た目ほど自由度がない。
ストーリーが子供向けの作品だとしてもちょっと、というものとか、各製作職のアイテム製作の際にするミニゲームが全職でほぼ同じで見かけよりもやることが少ないとかいろいろ不満点は多め。
けど、この世界で冒険している感というのだろうか、他にはあまりないスローライフ感があり、一度離れてしまってもたまにやりたくなる魅力がある。
長い時間熱中したり、やりこんだりという意味ではあまり長続きしないが時折無性に遊びたくなるというところがDL版と相性がいいのでお勧め。

なんか長くなってきたし、終わろうかなと思って改めて見たらクリエイトーイが別タイトルに変更されてた。
結構好きなタイトルだったのにー。
せっかくなので軽く紹介。

大盛り!いきものづくりクリエイトーイ

パーツを組み合わせてキャラクターを作って横スクロールのマップで遊ぶアクションゲーム。
キャラクターは丸やら棒やらのパーツを複数組み合わせて作るがアクション関係は勝手に調整してくれるので適当にベースの体に目やら足やらつけるだけでも結構ちゃんと生き物っぽくなる。
パーツの種類ごとにやわらかく揺れたり、堅いのもあったりするのでゲームを進めてパーツが増えるごとに今使っているキャラクターに適当に取り付けて進化していくさまが楽しい。
特に羽をつけたときのフリーダムさが笑える。
キャラクターのほかに背景とかも自分で作れるのでそこらへんを作りこむ人でも楽しめる。
難点は操作がタッチペンのみの独特なものなので若干作ったキャラを動かしにくいのと、他人の作った作品を見ると自分のセンスのなさに愕然とするくらいか。
操作的には下画面に表示されているボールを引っ張って放すと画面のキャラクターがその方向に向かって跳ねるというピンボール的な動き。
最初のボールみたいな動きのやつだと跳ねててかわいいけど、足つきのものもジャンプ移動になるので調節が難しい。
プレイしたのがだいぶ前なので記憶があやふやだったけどこのあたりでムキーとなった記憶があったような。

なんか各タイトルについて書いてたらやり直したくなってきた。
というわけで少ないですが、それぞれについて感想をつらつら書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA