RPGツクールVXACE用サイドビューを試してみた

せっかくツクールで使える素材を落としてきたので、実際に動かしてみたい、けれどMVは手元にないし・・・。

というわけでここは他者の力を借りたい。

RPG探検隊

最近のツクールシリーズはRGSS(中身はルビーとか何とか)で既存にないまったく別の新しいシステムを追加できるのが特徴。
上記サイトではサイドビュー用のRGSS素材を配っていたので、拝借。
素材ページのところに画像変更のやり方も詳しく解説してあった。
ありがたやー。
とりあえずMV用に作られているっぽい画像を切り貼りして横3、縦6のキャラチップを作成(ここら辺は割りと自由に可変できる)。
モーションとか、武器の持ち方とかはよくわからんので保留。
歩行用グラ、戦闘用グラの二つを作ってとりあえず投入。
デフォルトで用意してあるテストプレイ用ゲームにキャラを作る。
RGSSの一部項目を書き換えて準備完了。
とはいえまさかこんなんで動くわけないだろうーとテストプレイをしてみると、

tkooltest001

すげえ、動いた!
と驚くのは早い。
この辺りは動くのは当たり前っちゃ当たり前。
どうせ戦闘開始と同時になんたらかんたらエラーが発生しましたとか出るに違いない。
と、とりあえず戦闘してみる。

tkooltest002

おおおおお!
無事起動、適当に切り貼りして作ったので動きはぎこちない感じになっちゃってるけど普通に使えてる!
すごい、サイドビュー戦闘の製作者様すごい。

tkooltest003

せっかくなのでデフォルトで用意されている戦闘サンプルで遊ぶ。
デフォルトのキャラクター用に用意されているので武器がちょっとずれているけど、そこらへんも調整すれば大丈夫らしい。

tkooltest004

敵キャラ素材には、ボスの他に中ボスとかも含まれているのでファイアゴッド祭りも可能。
tkooltest005

超級だったら普通に死ねる難易度。

tkooltest006

バックアタックされると向きが反転するシステムもあるので、奇襲されるとまさかの原作再現も可能。

tkooltest007

立ち位置をRGSS内で簡単に書き換えられるので微調整してみた。
最大4人パーティなので完全再現は出来ず。
フレンドー早く来てくれー。
tkooltest008

画像だと伝わりにくいけどちゃんと3コマのアニメーションもしてくれるので、なんかすごい原作感が出てる気がする。
とにかくカスタマイズが簡単でなおかつ普通にいじらなくても見れる出来にはなる。
だいぶ前にちょっと聞きかじりした時には難しそうだと思ってたけど想像以上に遊びやすかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA