水平思考パズルに挑戦してみた『スローンとマクヘールの謎の物語』

だいぶ前に踏み壊したDSiを修理してもらった。
せっかく直してもらったし、いろいろやってみるかー、としまいこんであったDSのソフトをいろいろ探していたらなつかしい水平思考パズルのゲームが出てきたのでやってみました、という話。

『スローンとマクヘールの謎の物語』

ゲーム内容に関しては上のサイトにある体験版をやってみればわかるとおり水平思考パズルというものをほぼそのままゲーム化したものだ。
とはいっても実際に人と水平思考パズルで遊んだことは無いので、勝手は異なるかもしれないが。

『水平思考(Wikipedia)』

水平思考に関してはこちら。
前に流行った時には水平思考というやつがそのまま水平思考パズルの事を指すのかと思っていたけど結構幅の広い分野らしい。
水平思考パズルはこの内の「シチュエーションパズル」というものに属しているらしい。

水平思考パズルをざっくり主観で説明すると、基本的には出題者が問題を出して解答者が答えるという普通のクイズである。
しかし、この問題には意図的に情報が隠されている部分があり、そこを解答者側のする質問によって徐々に答えへと近づけていくという点がクイズではなく、パズルといわれる所以。
問題文は一目見てみると不可解なものが多く見られるのが特徴でその違和感とシュールな情景を思い描くのが、個人的に面白いところだったりする。
例題はゲームのほうの体験版をやってみれば一番簡単なのだろうが、必死に頭をこねくり返して一問作ってみたので、書いてみる。

交通事故

ある日、男が道を歩いていた。
すると突然背後から一台の車が追突してきた。
しかし、男は笑顔のまま振り返ると運転手に軽く挨拶して立ち去っていった。
なぜだろうか。

といった具合。
だいぶ上記のゲームに影響を受けている文章だが、とにかくこういう問題に対してあれこれ質問をぶつけていって解答に近づけていくわけだ。
質問は解答が「はい」、「いいえ」などシンプルなものになるように質問しなければならない。
上の例だと、「実は車は男にぶつかっていないのでは?」という質問はOKだが、「なぜ男は無事なのですか?」というのはNGといった感じ。
もちろん、現段階でも「男は超人なので車程度ではびくともしない」とか、「男は合気道の達人で車を受け流した」とか、「車に轢かれたショックで持病の腰痛が完治した」とか、解答は無限に引き出せるのだが、そこを推論で詰めていく。
本来なら相手を用意して質問してもらうのがルールなのだろうがここは、適当に質問と解答を並べて書いてみる。

「実は男は車にぶつかっていない?」→いいえ
「男は轢かれて喜んだ?」→いいえ
「車には人が乗っていた?」→はい
「男は轢かれて怪我をした?」→いいえ
「車は車道を走っていた?」→いいえ
等々。
ここでは男の状態からなぜ怪我をしなかったのかというあたりを疑問にぶつけてみた。
ここまででも最初の道端を歩いている男に車がぶつかって来たのに無傷、というシュールなシーンにちょっと違和感というか、違った解釈が出てくると思う。

「運転手は謝った?」→はい
「周りに被害は出た?」→いいえ
「ぶつかったのは男の背中だった?」→いいえ
「運転手は一人だった?」→いいえ
「車は一人乗りだった?」→はい

後半、解答を知ってる状態で質問作るのも大変になってきたので、ヒントっぽいのをちらほら。
これで解答に近づけるかどうかは実際にやってみないとわからないがまあ、いいかな。
男は実際に車に追突されて、運転手にまで謝られているのに無傷、しかもぶつかったのは背中ではなく、もっと下の部分。
車は一人乗りなのに、運転手は一人じゃなく付き添いがいたという矛盾も少し含んで解答の幅を狭めてみる。
まあ、あんまり引っ張るほどのものでもないので以下解答。

 

男を引いた車は赤子の乗る乳母車だった。
余所見をしていた母親こと運転手は前を歩いていた男にぶつかってしまったが、男は笑顔で母親と赤子に挨拶して去って行った。

という感じ。どうだろうか、無事に伝わっているとうれしいが。
始めのうちは情報不足で「車に轢かれて無傷な謎の男」だったものが、いろいろ推論を重ねていくうちに「母子にやさしいダンディな男」に変わっていく。
一見奇天烈な状況だった話が実は普通の出来事だったというふうに着地していくところにこのパズルの面白さが凝縮されていると思う。
ここまできて思ったけど、運転手は一人のくだりが若干紛らわしい感じになっているのと、この問題流行っていたころにどこかで見たことがある気がしてきた。もしかして上記のゲームかな、全部クリアしたのだいぶ前だし、なんかいろいろ質問見てたらそんな気が・・・。
とまあ、とにかくたまにはこんな水平思考パズルに挑戦してみるのはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA