【PCゲームパッド】PCで使えるゲームパッドを色々試してみよう(AmazonBasicのXboxOne互換コン編)

こんにちは、パプリカです。

Steamを始めPCでゲームをやるにあたり、ゲームパッドの標準となりつつあるのがXbox のコントローラ、今はXbox oneコントローラーではないでしょうか。(まだ出来の良い360を使っている方も多いと思いますが!)

そんなXboxのコントローラ、互換品も結構色々あったりするのですが今回紹介するのは、なんと!天下のAmazonが販売する

「AmazonBasics Xbox One Wired Controller」

になります!AmazonBasicsブランドはご存知の方も多いのではないでしょうか?いわゆるセブンイレブンにおけるセブンプレミアムとかと同じショップ独自のブランドとなります!

USBケーブルやLightningケーブルがあるのは知ってましたが、まさかコントローラーもあるとは、と思った方多いのではないでしょうか。

それもそのはず、このコントローラーなぜか日本で販売してません。アメリカのAmazon.comで販売しています。(もしかしたら過去販売していたのかもしれませんが2018年9月現在、販売ページは在庫切れになっています)

今回はアメリカから個人輸入しましたので、そのレビューを書いていきます。ちなみに米amazon.comから直接日本へ輸送可能でした。

購入場所:アメリカamazon.com

購入金額:20.5ドル(約2400円ぐらい+送料1000円ぐらい)

まずは全面、もう見た目の通り、すさまじくチープです。私が買ったのは白色なので黒だともう少しマシかもしれません。白は玩具感がすさまじい白です。

操作した感じはLRがやはりチープ(前回のもそうですが純正はちゃんとトリガーの中に何かが詰まった感じがするのに対して、互換品はスカスカなトリガーやボタンを押してる感覚になります、ここに差が出やすい気がします)

ボタンには特に違和感なし。またPCに刺したところ標準のドライバですぐ認識し、純正と同様に動いてくれました。

トリガーやスティックの反応も純正と同じです。前回の互換品のように遊びが大きい等はありません。アナログ部分はバッチリ動きを検知してくれます。

裏面にはバッチリ「amazonbasics」と書いてあります。

さて動作は一通り見ましたのでここからは分解して中身を見て見たいと思います!

分解の仕方は簡単、裏面に8カ所プラスのネジで止まっていますので、これを外してパカっととるだけで簡単に分解できます。

分解した中身がこちら。純正のLRトリガーは360とはまったく違う機構になっていましたが、この製品は360と同じLRトリガーの機構をとっているようですね。(ちなみにちゃんとトリガーの中にもモーターが組み込まれていました)

振動モーターの上に鉄板?のようなものがあり取ってみました。

何の変哲もないただの鉄の板でした。重りなんでしょうか??とりあえずこれを外しても動作に影響はないし、かなり軽くなったのでよしとします。(どうでもいいですが白い基板のおかげで汚さが目立ちますね、一応新品です)

一応さらに表側も取ればボタン類も確認できるのですが今回ははずしてません。ちなみに十字キーはこの写真に写っている基板、からさらに十字キー用の基板を上に載せるような形状になっていますので、純正と同じ押し心地を再現しています。(この辺は純正も360のD-padを反省したのか、構造がガラっと変わっていますね)当製品も「下を押してるのにナナメに入力された」という誤認識は起きないようになっていますし、実際テストをしたところ誤入力はほぼありませんでした。

最後に箱も撮りましたので一応載せます。内容物はコントローラーとマニュアルと冊子1枚ずつという構成。ご覧の通りちゃんと日本語があるので(マニュアルにも日本語のページがあります)日本向けに販売する予定があったのは間違いないと思います。

パプリカはかなりゲームパッドマニアを自負してるつもりなので、amazonがこんな面白そうなパッドを売り出してたら見逃すはず内と思ってるんですが、もし「この時期には売ってた」という情報があれば教えてください!見逃してたかもしれません!

以上、まとめとしては

  • スティックやトリガーなどのアナログ入力は純正と変わらない
  • ボタンの押し心地も悪くない。ただLRはチープ
  • 値段を考えれば悪くない、ただし日本では送料が高くなるので2台同時に買ったりしないと純正と同じ値段になる

というところで「よく出来てはいるが輸入して買うほどではない」という印象になりました!(上では触れてませんがスタートとセレクトボタンが若干遠いのも難点です)

ただ本来のお値段はお安いので(私が買ったときは20ドルですが今は24ドルのようです、それでも純正の半値)複数台まとめて買っておいて予備にするとかあの天下のAmazonの互換品というところに価値を見出した方は是非購入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA